電子書籍の自費出版をして副収入を得ています。

私は自分の空いている時間を使って電子書籍の自費出版をして副収入を得ています。簡単に電子書籍を作ることができますから、非常に効率良く副収入を得ることができています。電子書籍の自費出版は全くお金がかかりませんし、誰でも簡単に行うことができます。私は自分でインターネットを使ってやり方を覚えてどんどん電子書籍を出版しています。インターネットを使えば無料で勉強することができますし、わざわざ本屋に行って専門書などを購入しなくて済むからです。ですから効率良くお金を稼ぐことができていますから、非常に満足しています。これから副収入を得たいと思っている人は、電子書籍の自費出版を始めてみてはいかがでしょうか。自分の空いている時間に作業することができますし、一人でも十分行うことができます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

自費出版で思いがけないチャンスがあるかも

最近本を書いてる人に興味が出てきてどんな生活をしているのか気になって調べていたところ出版業界がどんなものなのかとゆうことにたどり着きました。そして最近ネットなんかでもとてもたくさん広告がでている自費出版とゆう方法が目に留まりました。どんな利点があるかとゆうとなんといっても自分の本がヒットしたときに印税の取り分が普通の大手の出版会社と契約して自分の本を出すのとは全然ちがいます。かといって自費ですと紙代などの経費がかかってしまうので当たらないとマイナスになってしまいますが、自分が本をだすと決めたならそれ相応のものをだすから自信があるはずです。だったら自分ならもし本を出すなら自費出版とゆう形をとって自分の本を世に送り出したいです。趣味程度でお金に余裕があるなら軽い気持ちで自分の本を出してみるってゆう経験をしてみるのもとても素敵なことだと思います。友達とかにもネタとして話せます。

自費出版という選択。

本を読むのが趣味という人は世界的に見ても多いものですが、自分自身で執筆もするという方となると、随分とその数は減ってくるものです。しかしながら、文学部を卒業して大学院に進んだ経歴の人はもちろんのこと、特に専門的に文学などを学んだわけではない人でも、書くのが大好きだということが高じて、作家の道を選ぶという人も少なくはありません。しかしながら、出版社を通して自分の作品を出版してもらう事の出来る人というのは、そう多くはありません。何度も出版社に自分の作品を送ってみたり、色々なコンクールなどに応募してみても、そこで出版のオファーが来るというのは、やはり狭き門と言う事になってしまいます。しかしどうしても自分の作品を世に出したいという人には、自費出版という選択があります。費用を自分で払うことさえ出来れば、自分の希望の形で本を出すことが出来るので、まさに夢のような事とも言えるかもしれません。

2回目の出版からは、リピーター割引として見積額の10%割引となります。 詩・歌・句集、小説、エッセイ、体験記、旅行記、画集、写真集、絵本、自分史、社史、記念誌、PR誌等。 電子出版でご対応することも可能です。インターネットを利用した自費出版もオススメです。 あなたの夢をかなえるお手伝いをします。 原稿を拝読した上での感想、企画見積書は無料です。 諷詠社では自費出版を応援しています

free blog themes